外国為替レート.net

FX初心者でも安全に年利20%を達成する方法!

「FXギャンブルで終わらない長期投資」「初心者でもできるFXスワップ運用」の著者為替バカが、 FX(外国為替証拠金取引)初心者でもリスクを抑えて年利20%を達成する方法をお伝えします!
FXなら年利20%は実はそれほど困難ではありません。
年利20%は長期的に継続できればものすごいことです!

■登録フォーム
お名前
E-mail

外国為替レートと分析

FXをやる上で外国為替レートの分析といのは必ず勝つためには必要になってきます。もちろんものすごい強運で勝つことができても、それは一部の人間だでけしょう。運で勝つことはあってもそれはビギナーズラックであって、その後負けてしまうパターンがFXではあります。

FXで分析といえば、ファンダメンタルズ分析とテクニカル分析があります。ファンダメンタルズ分析とは、例えば海外の貨幣を買うときに、その海外の経済状況を知っていれば貨幣の値動きも予想できるといった分析です。買った貨幣が経済破綻により価値がまったくなくなってしまうようなこともファンダメンタルズ分析により避けれるかも知れません。テクニカル分析はこれまでの値動きのチャートを見て、値動きを予測する分析です。テクニカル分析でFXをやられている方は多いと思います。ファンダメンタルズ分析は知識が必要なってくるのであまり使われている人がいないようですね。もちろん両方の分析を行っている人のほうがFXをやる上で有利なのは間違いありませんので、一度やられてみてはいかがですか。意外と簡単なものですよ。

レバレッジ規制の決定によりFXの未来が心配されていますが、JASDAQ上場するFXの会社や信託保全の義務などポジティブな事もあります。海外のFX会社へ口座を移設される方もいるかもしれませんが、やはり安心面では日本のFX会社に口座を移設されるほうが安心です。様々キャンペーンを行っている会社もありますので、ホームページを見て選ばれてみてはいかがでしょうか。

WEBセミナーで外国為替レートの知識のレベルアップ

株初心者の私ですが、外国為替レートを勉強し、その成果を目に見えるものにするためにとFXに挑戦しようと思っていますが、未だにどこの会社にすべきか迷っているところです。

そんな時、頼りになるのが、各会社のサイトですね。
会社はもちろん顧客を獲得したいので、サイトの制作にも力を入れています。
見やすいもの、よりお客様が必要としている情報を提供できるようなサイト作りにと日々努力しているそうです。

そんな、FXの会社選びですが、やはり初心者も楽しめるように、セミナーを開催してくれるところもあるようです。

セミナーでは、当然のことながら、外国為替レートに関して詳しく指導してくださいます。
だから、実施あるのみと私のように個人で外国為替レートに関して勉強するのではなく、まったくの素人の状態でセミナーに参加して指導してもらいながら成長していくっていう手段もあります。

どういった選択をするかはあなた次第。

私も早速お気に入りの会社を見つけてセミナーに参加してみようかな。
うっかり覚えしている外国為替レートに関する基礎情報を正しく知ることができるかもしれないです。

それに、講師の方は何と言っても外国為替レートに関してプロの方。
そういった方の考えに触れるだけでも、かなり刺激になることでしょうね。
でも私のいるところは、地方だから・・・って思っていたら、さすがWEB社会。
セミナーをWEBで見ることもできるそうです。
これを使って、一気に外国為替レートに関しての超初心者から、中級クラスへステップアップできるかな?

外国為替レートとファンダメンタルズ

外国為替レートについて勉強していくに当たり、その変動を先読みするためにも、変動の理由を知っていくためにも、その国の情勢を知り、変動の原因を知る必要があるって前に言いましたけど、この外国為替レートの変動の要因になっていることを、ファンダメンタルズというそうです。

そして、その要因について調査することを、ファンダメンタルズ分析というそうです。

そう、FXで賢く儲けていくためにも、世界情勢を知り、広い視野を持つことは非常に大切なこと。

あと、これもおすすめなのが、回線の早いネットや、パソコンを使用する必要があるってこと。

私の実家では、パソコンはあるけれど、インターネットを使用することもなく、ワードとエクセル・筆ぐるめ程度しか使用しないから、故障することもなく、未だに90年代のWindowsが活躍しています。
もしもそのパソコンでFXをやろうものなら・・・間違いなくタイムロスが発生していそうです。

1分1秒を競うデイトレードであれば、性能の良いパソコンと、回線の早いネットをつなぐことが大切になってきます。

まあ、性能の良いパソコンと言っても、最近のものはどこも性能がいいから、パソコン自体が故障して田舎切り大丈夫なのではないでしょうか。
あと万が一の停電などに備えて、ノートパソコンを使用するなどというくらいかな。

去年一年を振り返ってみても、為替レートの変動の要因はいろいろ。
日本の政権が交替したり、ドバイショックが起こったり。

デイトレードなら、もっと細かなことが要因となっているでしょう。
外国為替レートの変動と世界情勢の変動とは切っても切れない縁がありますね。

外国為替レートとFX専門用語

FXの勉強をしていくには、外国為替レートの変動だけではなく、FXのスワップ金利について詳しく知ったり、各会社のFXのスワップを比較していく必要があったりもします。

fxはスワップで利益を挙げることもできるのです。
でも私はせっかく今外国為替レートについて勉強しているところなので、外国為替レートの変動を利用してFXを行い、FXスワップに関しては、予備知識程度に行っていくことにしようと思っています。

FXと言うと、ゆうこりんもやっているそうですが、かわいい顔してちゃっかりしているんですね。
どのくらい儲かっているのか知りたいところです。

外国為替レートに興味を持って、はじめていくうちに、どんどん知識がついてきたら、分散投資に挑戦してみるのも良いそうです。

一つの通貨だけでFXを行っていると、ワンクリックで大きく儲けることができるけど、チャンスを逃せば、損害も大きいという長所を補うこともできるし、また、いろいろな国の外国為替レートを知っていく必要があるので、視野もグンと広がる。

自分を成長させたいのであれば、分散投資ができるようになることを今の目標にしていくのもいいかもしれませんね。
特に私は、外国為替レートの勉強を兼ねてやっていこうとしているから、なおさらのこと。

勉強と実益を兼ねていて一石二鳥ってやつです。

専門用語を知っていけば、もっと視野が広がるから、外国為替レートに関してや、FXに関連する言葉についてもっと勉強して行かなくっちゃね。

外国為替レートとFX

外国為替レートとうちの会社の関係を話していくに当たり、FX用語を例えに出してお話ししたのですが、そう、実は私今FXに非常に興味を持っているのです。

為替の変動を利用して差額で利益を設けること。
株の売買って、お金のある人でないとできないっていうイメージがあるけれど、FXなら在宅でできるし、主婦や同じOLの人にも人気があるっていうから、せっかくこうして外国為替レートについて興味を持ち始めたのだから、ついでにやってみようかな・・・なんて。

めぼしいところとして、くりっく365なんてどうかなって思っているところです。
まあ、とりあえずバーチャルでFXを架空のお金を使ってできるサイトがあるようなので、まずはそこで慣らしてから始めようかと思っているところです。

でも、最初のうちは、リアルFXでは、ロスカットされることもあるでしょうから、とりあえず、各会社のロスカットの計算方法も比較していく必要貼りそうですね。

自分にご褒美(儲け)を与える準備ができると、俄然外国為替レートに対する興味がわいてきましたね。
ああ、あさましい私(笑)

株の売買のために、一日中パソコンの前から離れることができない人がいるって聞いていたけど、FXを本業にしている人も、ずーっとパソコンの前で、外国為替レートの変動に注目しているのでしょうね。

私も今に外国為替レートの変動から目が離せなくなるようになっているのかしら?
でも、それなら副業でしている人はどうなのよって話し。

きっと何かしら良い方法があるのでしょうね。
これからもっと調べていきますね。

外国為替レートと輸出入

さて、前回の輸出と輸入の疑問を、事務の人に素直にぶつけてみました。

すると、中国や韓国との取引は、確かに景気に連動して注文の数は現像するけれど、ある程度は読めるので、材料を比較的円の価値が高い時期に仕入れているそうです。

主婦用語!?で言うところの、「買い溜め」というやつでしょうか。

とはいえ、そんなに沢山買いだめする余裕も、置いておくスペースもないので、せいぜい3~4回分の注文分の材料を先読みして購入しておく程度だそうです。

それでも、外国為替レートをしっかりチェックしているのとそうでないのとでは、材料費が結構変わってきます。

現場の材料の在庫と、外国為替レートを見ながら、材料の発注を行っている事務の人は、すごいなって感心しきりです。

「それが私の仕事よ」って言っていたけど、やっぱり尊敬に値しますね。

FXしている人は、両建てして損を最小限に食い止めたりできるけど、顧客からの買いの注文は、こちらで勝手に決めることができないから、外国為替レートを毎日良くチェックして少しでも材料費が安い時に購入、かつあまり材料を在庫として残さないようにしておく必要がある。

テクニカル分析をしっかり頭に叩き込んで、外国為替レートの変動の先を見るようにしているそうです。

私にとって、毎朝ニュースで流れている外国為替レートは、トイレタイムのようなもので、これまで全くと言っていいほど関心のなかったことだから。

でも、毎朝のニュースが、会社の損益に大きくかかわってきているところは結構あると思いますよ。
何と言っても、日本はものを作るのは得意だけど、資源が非常に少ない国だから。

外国に工場を持ち、日本に製品だけを仕入れている方がよほど計算は楽になってくるのかな?

トヨタや三菱も今は外国に工場を多く持っているけれど、昔は「生産まですて日本で行ったほうが、日本人が働けるしいいのでは?」なんて思ったけど、外国為替レートのことのことなどからトータルで考えると、その方が良くなってくるってことなんでしょうね。

外国為替レートに関連して疑問を持ち始めると、いろいろな観点から見つめることができるから面白いですね。

前回お休みしてしまいましたが、日の米ドルの外国為替レート(中間レート)は88.85でございます。

外国為替レートと会社

外国為替レートを勉強するには、その外国のことについても知らなくてはいけない。
すると悲しい現実が見えてきた。

はい、前回の南アフリカランドの外国為替レートを見ようと思って陥ったてんです。
当然のことだけど、FXの為に外国為替レートを、その国の情勢を勉強することはいいこと、だけど、その国の現状を知りながらも、自分の利益の為に利用していいのだろうかと疑問に感じたりもしたのですが、そこは割り切っていく必要があります。

国の情勢が変われば、早い段階で見切って、少ない損害に抑える必要があるし、その逆もあり得る。

非常にシビアな世界です。

でも、その為に、世界の経済や流れについて真剣に考えるようになるのだから、もっと日本全国に普及してもいいのかなって思います。
特に、私が言うのもなんだけど、若い人って、良くも悪くも自分以外に対して関心が薄い。
きっかけがお金儲けであったとしても、自分以外のことに興味を持つって良いことだと思います。

外国為替レート特需とでもいいましょうか。

さて、話は変わり、わが社と外国為替レートに関してのお話をちょこっとしてみましょう。

わが社は外国との取引のメインが韓国・中国です。

輸出・輸入業をしていて外国為替レートはどのように変動していくのが会社にとってはメリットが大きいのだろうと考えるのですが、まだよくわかっていません。

注文が来てから生産に入り、会社から出荷する時点で、請求が発生します。
そこで、出荷日時点での外国為替レートから計算することになるのですが、このとき、ウォンや人民元の価値が高ければ、請求額は、小さくなります。
したがって、価格が安いので、この為替レートがあまり変動しないうちにと注文のロット数が増えます。

しかし、わが社は、中国・韓国に顧客がいると同時に、中国から材料を仕入れてもいます。
したがって、円の価値が高い時、低い時、それぞれにメリットがあるのです。
うーん、どっちの方がうちの会社にとってはいいのか、難しいです~。

南アフリカランドと情勢

外国為替レートは、輸出業のほかにも、最近はFXで注目を浴びています。
中でも、南アフリカの貨幣「ランド」が今非常に注目されていますよね。

私は南アフリカと言うと、社会の授業で習ったアパルトヘイト、人種差別などマイナスイメージしかもっていなかったのですが、今は、FXの人気がる事もあってか、それ以上に為替レートに注目が集まっているようです。

人種差別が減ってきていて、南アフリカの貨幣に注目が集まっているのであればいいのですが、ただ単にお金儲けの為だけに、そういった南アフリカの情勢よりも為替レートに注目が集まっているのであれば、あまり好ましくない状況だなって思いました。

もうすぐ開催されるワールドカップの影響もあってか、しばらくは南アフリカのランドのレートは良い状況にあると思われますが、ワールドカップが過ぎるとどうなるのだろうという思いがあります。

外国為替レートっていうのは、その国の情勢と大きく比例して変動しています。
アメリカのドルも、今のアメリカの不況の影響からこんなにも安値になっているのでしょうね。

元々南アフリカは、治安が悪いといわれています。
HIV感染者が世界レベルで非常に多い国と言われています。
その為、南アフリカの平均寿命は、40歳以下になるとも言われています。
子孫繁栄のための行為によって、繁栄どころか、衰退の一途をたどっていってしまうという悲しい現実。

外国為替レートを勉強していくつもりが、その背景から世界の厳しい現実を見せ付けられた結果となってい舞いました。

そんな本日の米ドルの外国為替レート(中間レート)は90.67でございます。

外国為替レートと輸入・輸出

外国為替レートについて意外にも自分の会社が関係していたことを知り、ちょっと感激し、無事退院し、職場復帰された事務の方の全快祝いと称した飲みの席で話してみた。
「何をいまさら・・・」

なんて呆れられていたけど、だって私、ただひたすらパーツの検査をするだけの人間ですから、そこまで考えていませんって。

そんな無事退院されてきた方は、元銀行員。
ヘッドハンティングではないけれど、銀行員としてのスキルを買われてこの会社に入社してきたそうです。
もちろん私のような製品検査としてではなく、事務や経理の人間としてです。
窓口業務経験者だから、電話対応も素晴らしいし、請求書等の書類作成も朝飯前(古)。
補佐役ではありましたけど、事務所の仕事は想像以上にハードなものでしたね。

早く現場に戻りたい!!って心の中で何度叫んだことか・・・。

話題は外国為替レートからかなりずれてしまったけど、輸入・輸出業って、当然だけど、お金のやり取りが税妙に絡んでくる。

同じものが、昨日と今日で値段がまるで変わってきてしまうのが、外国為替レートがらみの物品の特徴と言えるでしょうね。
そういった意味では、なんだかガソリンと似ていますね。
ガソリンの価格は毎日変わる。
そりゃそうだ。
ガソリンは外国から輸入しているもので、輸入国との外国為替レートが変われば、消費者に売る時の日本円価格もそれと比例して変わってくる。

我ながらうまい例を見つけたわ♪

そんな本日の米ドルの外国為替レート(中間レート)は88.90でございます(安!!)。

身近にあった外国為替レート

外国為替レートを利用して利益を出す方法は世の中にたくさんあります。
そう、円の価値が高い時に、低い外国為替レートを購入し、それが逆転したときに売りに出すという方法です。

それはFX。
今日本中でブームになっているFXは、株などと違って、非常に安い値段から取引が始められること、インターネットで始めることができることなどから、OLや主婦など株取引では一番縁遠いと思われがちな層から人気を集めています。

そういう私も今ちょっと気になっているのですが。
おっと本題からずれてしまいそうですね。

そんな今日本で注目を集めている外国為替レートは、意外にも私の身近なところにありました。
私の勤める会社は金属部品の製造を行っているのですが、輸出も行っています。
これまで部品の検査を担当していたので全くと言っていいほど自分とは無縁だと思っていた外国為替レートですが、先日事務担当の方が入院することになり、急きょ2週間の間だけ臨時で事務をすることになったのです。

メインの仕事はもう一人の事務の方がいるので、私はその補佐。
工場内に伝票を届けたり、電話の取り次ぎ、原材料の在庫の入力と注文など、非常に単純なことです。
ふともう一人の事務の方のデスクを見ると、輸出用の請求書を作成するために、総務から外国為替レートの資料が届いていました。
そう、これを使って請求書を作成するのです。

そっか、輸出するときの請求書の値段も、その時で変わってくるのですよね。
ちょっと感心しちゃいました。

そんな本日の米ドルの外国為替レート(中間レート)は93.08でございます。

経済